男の人

交通事故はお得な弁護士に依頼して慰謝料を勝ち取ろう

  1. ホーム
  2. 大切な事務所選び

大切な事務所選び

女性

医療事件の経験が豊富

B型肝炎給付金を受け取る為には国に対して訴訟を起こさなくてはいけません。訴訟を起こす時に必要になるのが、集団予防接種が原因でB型肝炎にかかった事を証明する資料です。必要な書類が入手できなければ代替え書類を揃えなくてはいけません。証明できる資料が簡単に手に入る場合は良いのですが、そうでない場合には資料の収集や訴状の作成に実績がある弁護士に依頼した方が良いでしょう。弁護士事務所の中には医療事件の経験が豊富で、医療機関と提携して問題解決を行っているところもあります。依頼する前にB型肝炎の訴訟経験や医療事件の経験があるかを確認しておいた方が良いでしょう。B型肝炎に関する相談や調査費用は無料にしている弁護士事務所もあるので、費用についての心配はありません。また弁護士に支払う成功報酬も国から補助がでます。予防接種が原因でB型肝炎に感染している人はおよそ40万人ほどいると推定されていますが、現時点で給付金を受け取っているのはそのうちの5%程度しかいません。感染していても症状が出ない場合もあるので、感染していることに気づいていない人もいるからです。そういった無症候性キャリアの人でも50万円の給付金を受け取ることができます。昭和16年〜63年生まれで満7歳までに集団予防接種を受けた人は感染している可能性があります。給付金が請求できるのは平成34年の1月までと決められているので、症状がない場合でも検査を受けて確かめてみた方が良いでしょう。